④いろいろな表情を見せてくれます。

①塗装工事がスタートしました。

大台町のK邸。外壁塗装工事がスタートしました。
あいにくの天気でしたが無事足場も架け終わり、ケレン掛け・高圧水洗いなどの下準備を行い、シーラー塗り(下地塗り)へと進めていきます。

②下地処理がとても大切です。

高圧水洗いで外壁などに付着した砂ぼこりや汚れを、念入りに流し落としていきます。ここで手を抜き、いい加減な水洗いをする心ない業者もいます。砂ぼこりや汚れの上に塗装しても…、月日が経つと結果が現れてきます。当たり前のことをちゃんとすることが大切なのです。

水洗いが終わり乾いたら、シーラー塗り(下地塗り)にかかります。現在の外壁材(下地材)などと新たに塗る塗料の付着度を高めるために塗ります。弊社では下地材の材質や傷み具合により、シーラー剤を使い分けています。新たに塗る塗料がより強固に付着するよう最適なシーラー剤を選定し塗っています。

③完成までもう少しです。

外壁の中塗り塗装部分が乾くのを待っている間に、鼻隠しなどの木部の下塗りに入ります。

そして外壁の中塗りが乾いたのを待って、もう一度上塗りをかけます。弊社では外壁・屋根(このお宅は屋根塗装はありませんが)の塗装には油性塗料を基本的に使っています。

外壁部分はこれで完成しました。この後、鼻隠しなどの木部の仕上げ塗装にかかっていきます。

④いろいろな表情を見せてくれます。

すべての工程を終えお客様に引き渡しさせていただきました。

太陽のあたり具合いで、いろいろな表情を見せてくれる上品な色合いです。

お客様のお声
『塗装前の壁の色が白っぽい色だったので出来ばえが心配でしたが、仕上がりに大変満足しました。連日丁寧に塗装していただき、また私共の質問にも親切に答えていただき、本当にありがとうございました。』

この度はご用命いただきありがとうございました。


一覧に戻る